サイトカインの働きは免疫細胞の情報伝達係!

免疫細胞の連携を強め、相互作用を高めるという大変重要な役割を持つ免疫ホルモン「サイトカイン」。その種類は数十種類におよび、それぞれ違った働きを持っています。

代表的なサイトカインとその働きについて、詳しく解説していきます。

免疫細胞の相互作用を高める活性物質「サイトカイン」

タンパク質から合成された活性物質のひとつで、その殆どが白血球から生み出される「サイトカイン」。

免疫細胞は、役割の異なる細胞同士が連携して、ウィルスや細菌などの病原菌と戦っています。その細胞間での情報を伝達する役割を担い、チームワークを強める働きをするのがサイトカインです。

また、サイトカインには免疫力の調整の他に、抗炎症・抗ウィルス・抗腫瘍作用など、様々な作用があります。 サイトカインは「免疫ホルモン」とも呼ばれ、免疫力を高めるためにはサイトカインの産生・分泌、そしてバランスを保つことが重要だと言われています。

それぞれ違った役割・作用を持つ多種多様のサイトカインたち

これまでに多くの種類のサイトカインが発見されていますが、代表的なものにインターフェロン、インターロイキン、腫瘍壊死因子などがあります。

インターフェロン

ウィルスなどの病原体に感染した細胞が、その病原体に対抗できるよう作り出された物質で、病原体が増えるのを抑えてくれる役割を持っています。

α型・β型・γ型の三種類に分類され、α型・β型はC型肝炎やB型肝炎の治療法のひとつとして用いられているほか、腎臓がんや骨髄腫など一部のがん治療に使われることも。

インターロイキン

白血球(リンパ球・マクロファージなど)から分泌され、細胞間の情報伝達を行う役割を持っており、細胞の分化や増殖に関与しています。 免疫系の活性化や調整をする働きがあり、多くの自己免疫疾患や免疫不全に関わっているそうです。

現在発見されているインターロイキンは約30種類で、発見された順にIL1、IL2と番号をつけられており、IL2は医薬品(※)として使用されています。

※抗がん剤。T細胞の増殖や、がん細胞を破壊すると言われているNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させ、がん細胞を攻撃する作用があります。 副作用が強いので、高用量投与できる人は限られるでしょう。

腫瘍壊死因子(しゅようえしいんし)

その名の通り、腫瘍細胞を壊死させる作用を持つサイトカイン。TNF(Tumor Necrosis Factor)とも呼ばれています。

TNFにはTNF-α、TNF-β、LT-βの三種類があり、腫瘍壊死因子はTNF-αのことを指します。

「マクロファージ」(病原体の侵入を監視・殺菌などの作用を持つ)から産生され、腫瘍細胞を殺したり、感染を防ぐ役割を持っています。主にアミノ酸からなるタンパク質です。

また、腫瘍壊死因子の過剰産出は、間接リウマチなどの膠原病(こうげんびょう)に深く関わっており、疾患を引き起こしたり、悪化させる原因のひとつとされています。

抑制し合いバランスを保つ「炎症系」・「抗炎症」サイトカイン

サイトカインには、病原体が侵入した時に炎症反応を起こす「炎症性サイトカイン」と、その炎症反応を抑制する「抗炎症サイトカイン」があり、この2つはお互いを抑制し合いながらバランスを保っています。

しかし、何らかの理由によりこのバランスが崩れると、炎症系サイトカインが過剰増加・活性化してしまい、様々な自己免疫疾患を引き起こしてしまいます。

 

主な炎症系サイトカイン

IFNγ

マクロファージやNK細胞を活性化させ、IgE抗体(免疫グロブリンのひとつ、花粉症やアトピー、喘息などに深く関与している)の産生を抑制する。発熱を誘導する。

IL(インターロイキン)-1・IL-6

マクロファージを刺激して、炎症反応を誘導する。

IL-8

好中球(白血球の中の免疫細胞のひとつ、炎症の原因)の走行を誘導する。 IL-12:T細胞やNK細胞を刺激して細胞を増やし、働きを活性化させる。

IL-18

IFN(インターフェロン)γの産出を促進させる。

TNF-α(腫瘍壊死因子)

IL-1やコラゲナーゼ(コラーゲンを分解する酵素)などの産出を誘導し、発熱などの炎症反応を引き起こす。

主な抗炎症サイトカイン

IL-4

B細胞にIgE抗体を作る指示をする役割を持ち、アレルギー反応に関する最も重要なサイトカイン。

IL-10

IFNγやTNF-αなどの炎症系サイトカインの増加を抑制し、B細胞の増殖や抗体の産生を助ける働きを持つ。

2つのサイトカインのバランスを保つには「生活習慣の見直し」が重要

2つのサイトカインのバランスが崩れてしまう原因として、加齢・生活習慣の乱れ・現代の過剰な衛生観念などが挙げられます。

炎症性サイトカインの過剰活性は、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー反応を発症する引き金になるとも言われています。食生活の乱れ・運動不足などが気になる人は、生活習慣を見直すことから始めましょう。

免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ