免疫力を高めるには HOME » からだを丈夫にする免疫力とは? » 簡単に解説!「免疫力」ミニ用語集

簡単に解説!「免疫力」ミニ用語集

免疫力について知るために理解しておきたい用語について、なるべく分かりやすく、簡単に説明します。健康な体づくりへの一歩にお役立て下さい。

液性免疫

細胞に抗原を攻撃するよう指示を出すヘルパーT細胞のうち、Th2細胞がB細胞(病原菌を直接攻撃する)に指示を出して抗体を作り出す免疫反応のこと。B細胞もTh2細胞も血液中に溶け込んでいるため、「液性」と名付けられています。「体液性免疫」と言われることも。

抗原レセプター(受容体)

抗原を認識し、ある特定の抗原としか結合しないタンパク質のこと。T細胞とB細胞の表面に存在します。抗原との結合部分は遺伝子レベルで再編成することで、多様な抗原と結合できるようになっています。

サイトカイン

免疫システムの細胞から分泌される特殊なタンパク質のこと。たくさんの種類がありますが、特に免疫の調節や炎症反応に関するものが多く存在します。感染の防御や様々な疾患の抑制など、大切な役割を果たしています。代表的なものとしては、インターフェロンや腫瘍壊死因子、コロニー刺激因子などがあります。

細胞性免疫

ヘルパーT細胞のうちTh1細胞が、キラーT細胞やマクロファージ、NK細胞などに司令を出し、ウィルスなどに感染した細胞やガン細胞を直接排除させる免疫反応のことです。液性免疫とは違い、抗体は関わりません。ツベルクリン皮内反応や移植の際の拒絶反応などもこれに由来しています。

免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ