マクロファージはがん細胞をも消化する!

マクロファージは、白血球の中にある免疫細胞のひとつで、体内に入ってくる細菌やウィルス、またがん細胞をも消化する働きがあります。

ここでは「マクロファージ」による免疫機能をご紹介していきましょう。

マクロファージが持つ具体的な働きとその機能について

初めて耳にすることも多い「マクロファージ」という名前。マクロという言葉は大きいことを意味するものですが、実はこのことがマクロファージの持つ機能と密接に関連しています。

体内の細菌やウイルスなどを食作用して除去する

マクロファージの持つ基本的な働きに、「食作用」があるでしょう。つまり、体内に侵入してくる細胞やウイルスを捕食して除去していく働きを持っているのです。

マクロファージは「食作用」を進める場合に、手を伸ばすように突起が発生して対象物となる細胞やウイルスを食べていきます。この大食な性質もあって、「マクロファージ」の名の由来があるのでしょう。

食作用後にヘルパーT細胞への抗原提示もできる

このマクロファージが「食作用」を進めると、処理した抗原の情報を別の免疫細胞に伝える流れを持っています。

マクロファージがこの役割を一部の「T細胞」と呼ばれる免疫細胞に対して行い、「抗原提示」と呼ばれています。つまり、マクロファージは他の免疫細胞の機能活性化にも役立っているのです。

マクロファージの正体や生息場所に掛かる意外な役割

これほど人間の健康に大きく貢献しているマクロファージ。それでも、この免疫細胞がどうやって現れるのか、そして一般的に体のどのような場所に存在しているのかは、今のところハッキリした事がわかっていません。

白血球の単球と呼ばれるものから発展して血管壁に生息

マクロファージはもともと血液の免疫機能を担う白血球の単球の一部であり、それが機能的により高い形で発展したものです。

そのため、最初からマクロファージとして存在していた訳ではなく、血液中から各組織内に移ることでマクロファージという免疫細胞として生息するようになります。ただ、長くは存在できないようで、数か月経つと死滅すると言われています。

変性コレステロールの処理を担う重要な存在でもある

また、マクロファージは血管内にこびりついている「変性コレステロール」を処理するという働きも行っています。

ただ、マクロファージも無限に処理することはできませんので、万が一処理できずに終わった場合はマクロファージが血管の壁に沈着してしまい動脈硬化を進める欠点も持っています。

マクロファージが本来の働きを発揮できないケースも存在している

上で少し述べたようにマクロファージにも欠点が存在し、そのことが時として体内において細菌など蔓延させて疾病に発展するケースもあります。

これは「マクロファージ」でも処理できないものが存在することを意味しますが、これを踏まえてその欠点について具体的にご紹介していきましょう。

特定の細菌類に対して食作用できないケース

まず、マクロファージが本来持つ食作用ができないケースですが、特定の細菌類(例えば、「赤痢菌」「チフス菌」「結核菌」など)に対して進められないことが分かっています。

現にマクロファージの免疫機能が働かない細菌類には、それぞれに対処できる「ワクチン」を投与していきます。

特定のウイルスによって感染してしまうケース

本来においてマクロファージは細菌をコントロールする存在ですが、ウイルスの脅威レベルによってはマクロファージ自体がウイルスに感染してしまうケースもあります。

一般的に「HIVウイルス」がそれに当たり、マクロファージに入り込んで症状を大きくする存在として媒介してしまう面倒なケースもあります。

マクロファージを体内で活性化させるにはどのような方法があるの?

マクロファージの特徴についてご紹介してきましたが、少しでも免疫機能を高めるために「マクロファージを活性化させたい」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

規則的な生活を進めることで自然に活性化が進むことも事実ですが、あらゆるライフスタイルにおいて活性化できる方法をチェックしていきましょう。

緑黄色野菜やキノコなどを摂取する事でマクロファージを活性化

一般的にマクロファージの活性化を進めるには「緑黄色の野菜」の摂取が効果的と言われています。青汁の成分である「ケール」や「モロヘイヤ」「ほうれん草」などの摂取は特に有効で、普段の食生活でも無理なく体内に入れる事ができます。

また、きのこ類もβ-グルカンという成分を含むものであれば、マクロファージのパワーアップに役立ちます。

不規則な食事を続けている方や、外食中心で野菜を摂る事が難しいと考えている方は、サプリメントなどの栄養補助食品で補ってもよいですね。

免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ