免疫力を高めるには HOME » からだを丈夫にする免疫力とは? » 体の中の警備隊!免疫細胞の働きについて » B細胞は病原菌を直接攻撃!免疫システムには欠かせない!

B細胞は病原菌を直接攻撃!免疫システムには欠かせない!

体内に侵入してきた病原菌(抗原)をやっつけるために働いてくれる免疫細胞。その1つであるB細胞は、抗原を直接攻撃する抗体を作り出してくれる細胞です。

その仕組みについて、詳しく見てみましょう。

「最近、身体の調子が悪くって」そう思われる方も多いのでは?風邪が長引いたり、肌荒れがひどくなったり…。体内にある免疫細胞によって守られているはずの私たちの身体ですが、その力が弱まっていると、身体のいたる所に不調が現れます。

今回は重要な免疫細胞の1つ、主に病原体をやっつける役割を持っている「B細胞」についてご紹介します。

B細胞は病原体を排除する「抗体」を作り出す!

B細胞は、血液を流れる白血球の中にある「リンパ球」の1つです。免疫細胞全体の20〜40%を占めています。骨髄で生み出されたリンパ球が骨髄内で成熟して発達したもの、それがB細胞です。B細胞の「B」は英語の「Bone marrow(骨髄)」の頭文字から付けられました。

B細胞は、体内に侵入した病原体(抗原)を排除するために必要な「抗体」を作り出す役目を果たしています。同じ免疫細胞仲間で司令官ともいえる「ヘルパーT細胞」の司令を受け、他の免疫細胞と協力しながら、病原体(抗原)にピッタリ合った抗体を作り出しています。

1つのB細胞で1種類の抗体しか作れないため、抗体の遺伝子を組み替えて、1億以上の抗体を作ることで様々な病原体に備えているのです。

B細胞が抗原をやっつける3つのステップ

1.接触したものが抗原と認識すると分裂・増殖して抗体を大量生産

まず、自らのレセプター(刺激を受け情報に変換するところ)で接触したものを分析している中で、外部からの病原菌等(抗原)があった場合は認識します。これだけでは、B細胞は抗体を作り出すことはできません。

抗原を取り込んだ際にできた破片を、他の免疫細胞に分かるように提示することで、抗原の存在を知らせます。そして、その破片に反応した「免疫細胞の司令官」ヘルパーT細胞からの信号を受けとることで、ようやく分裂・増殖します。

この細胞をプラズマ細胞と呼び、その抗原に対抗するための抗体を急いで作り出し、放出する役割を持っています。

2.特定の抗原にだけ反応する抗体で動きを押さえ込む

抗原が侵入してまもなく、増えていったプラズマ細胞が抗体を大量に作り出していきます。この抗体は、特定の1つの抗原にだけ作用するように出来ています。

出来上がった抗体は、血液の流れで体中に移動していきます。そうして抗原を見つけてはくっついて捕まえていくことで、抗原はどんどん活動できなくなっていくのです。

3.抗原を封じた後も一部が「メモリーB細胞」として残る

こうして抗原は封じられ、免疫システムの勝利となりました。これ以上戦う必要がなくなった抗体を作り出していたB細胞は、ほとんどが死んでしまいますが、一部だけが生き残ります。それを「メモリーB細胞」と呼びます。

メモリーB細胞は、敵(抗原)の「顔」をしっかりと記憶しているので、次に同じ「顔」の抗原が体内に侵入してきた時は、より早く抗体を作り出せるようになるのです。

人間の顔がみんな違っているように、抗原も1つ1つ少しずつ違っています。人の顔を目や口・鼻などで区別するように、抗原の違いも表面についているものの形で区別しています。

例えば、おたふく風邪。一度かかると二度とかからない病気と言われていますが、これはおたふく風邪のウィルスが再び体内に侵入したとしても、B細胞が覚えているので、すぐに抗体ができて倒してしまうからなのです。

それがいわゆる「免疫がついた」という現象ですね。B細胞の記憶する機能は、予防接種などにも応用されています。 免疫力が上がれば、B細胞の動きも強くなって抗原も悪さをしづらくなるので、体調不良も少なくなるでしょう。

免疫力低下の原因としては、年齢の他にストレスや生活習慣の乱れなどが挙げあられます。まずは、そのような日常生活で出来ることから気をつけて生活し、免疫力を上げるように努めたいですね。

 

免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ