悪性関節リウマチ

朝方に強い関節のこわばり、関節の疼痛からはじまり、やがて関節機能がむしばまれていく「悪性関節リウマチ」。その症状や免疫との関係性などをまとめました。

免疫異常により起こる難病「悪性関節リウマチ」とは?

悪性関節リウマチは一般的な関節リウマチに、血管炎をはじめとする関節の症状が加わり、重篤な病変を伴う場合に認められます。

単に関節リウマチが進行して関節機能が著しく低下した場合は、悪性関節リウマチにはあてはまらず、“内臓障害”を伴うことが判断基準になります。

■患者さんはどれくらい?

1年間の患者数は約4,000人。関節リウマチ患者の0.6%にあたります。

男女比は1:2で女性に多いのですが、関節リウマチよりも男性の占める割合が多い傾向にあります。

ピークの年齢は60歳代です。

■何が原因なの?

一般的な関節リウマチと同様に原因は不明です。

家族内の発症が約12%みられるため、体質や遺伝が影響しているとも考えられますが、遺伝性疾患と言えるほどの強い遺伝性はありません

遺伝因子のひとつとしては、関節リウマチに多く認められる白血球の組織適合抗原のHLA-DR4という遺伝子がありますが、これが悪性関節リウマチの場合はより多く認められます。

このほか、悪性関節リウマチでは、リンパ球の機能異常やリウマトイド因子の高値、免疫複合体の形成といった免疫異常も認められます。

■遺伝する可能性はどれくらい?

悪性関節リウマチが親から子へ100%遺伝することはありません

とはいえ、関節リウマチが家族内発症が多いことや、一卵性双生児では34%の発症率で、二卵性双生児の7%に比べて高いことから、遺伝的な原因も示唆されています。

■どんな症状が起こるの?

悪性関節リウマチは、「全身血管炎型」「抹消型動脈炎型」のふたつに分類されます。

「全身血管炎型」の場合は、既存の関節リウマチの関節痛に加え、38℃以上の発熱、体重減少をともなう皮下結節、筋力低下、紫斑、筋痛、間質性肺炎、胸膜炎、多発単神経炎、消化器官出血、上胸膜炎などの全身の血管炎による症状が急速にあらわれます。

いっぽう、「抹消型動脈炎型」は、皮膚の潰瘍、梗塞、または四肢先端の壊死や壊疽がおもな症状です。

■どんな治療法があるの?

既存の抗リウマチ剤の継続や、入院治療、ステロイド剤、生物学的製剤、免疫抑制剤、D-ペニシラミン、抗凝固剤などが行なわれます。

悪性関節リウマチで気をつけること

食事は、塩分や脂肪分の多い料理を避け、バランスのとれた食事を心掛けましょう。

また、炎症の強い時期は多めにカロリーを摂取するようにしましょう。

魚の脂はリウマチや膠原病に良いと言われています。

病気に負けないためには、まず免疫力を高める栄養素をバランス良く摂ることが大切です。

免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ