亜鉛:カキ・レバーなど

サプリメントなどにも多く取り入れられている健康成分、亜鉛について調べました。ここでは、気になる効果や、亜鉛が含まれている食品などについて解説します。

免疫細胞を活性化?亜鉛の基本知識

亜鉛は、人の身体に欠かせないミネラルの一種です。亜鉛が体内で不足すると、インポテンツや味覚障害、脱毛症など、さまざまな症状を引き起こします。亜鉛は、たんぱく質の分解や、DNAの合成に必要な酵素を作る材料となるため、足りなくなると幅広い悪影響が出てくるわけです。

また、亜鉛は免疫とも深く関係しています。傷ついた細胞を修復する材料作りをサポートするほか、免疫細胞のはたらきを活発にして、細菌に強い身体に導いてくれます。

よく聞く栄養素ではありますが、健康を支える重要な役割を担った成分と言えるでしょう。

亜鉛の主な健康効果

  • 免疫力を高めてくれる
  • 身体の中をデトックスしてくれる
  • 骨粗しょう症を改善してくれる
  • 疲労回復を促してくれる
  • 体内の酸化を抑えてくれる
  • 毛髪やお肌の健康をキープしてくれる

亜鉛は、ヒトの細胞のもとであるDNAやたんぱく質の合成に欠かせない成分です。そのため、幅広い健康効果が期待できます。

なかでも近年とくに注目されているのは、免疫への効果。なんでも細胞がウィルスや細菌に感染すると、その細胞内の亜鉛濃度が減り、それがシグナルとなってT細胞やB細胞といった免疫細胞が活性化されるのだとか。

つまり、細胞を作ったり修復したりする役割以外に、免疫機能をコントロールするはたらきも持っているというわけです。

ただ亜鉛を摂取すればいい、というものではありませんが、栄養バランスに気をつけながら適切な量を補給していけば、免疫力を高めるサポートをしてくれることは、間違いありません。

亜鉛不足を感じているなら、積極的に食生活に摂り入れていくとよいでしょう。

亜鉛が含まれるサプリメント・食材は

牡蠣のイラスト

亜鉛を多く含む食べ物としては、牡蠣(カキ)がよく知られています。このため、亜鉛=魚介類から摂れるもの、というイメージを持つ人が少なくありません。しかし実は、亜鉛を多く含んでいるのは動物性たんぱく質、つまりお肉のほうなのです。

じっさい、魚や野菜中心の食生活を送っている人は、そうでない人に比べて亜鉛の摂取量が低いとされています。

もちろん、お肉以外にも亜鉛は含まれていますので、常識的な量の食事を摂っていれば健康上の問題が出ることはまずありません。しかし食事で効率よく亜鉛を摂っていきたいなら、豚レバーや牛肩肉などを意識して食べられることをおすすめします。

もし、同じメニューが続くことに抵抗があるなら、サプリメントなどを活用してもよいでしょう。無理のない範囲で栄養バランスに気を使った食事を摂っていけば、自然と健康をキープしていくことができるはずです。

亜鉛を多く含む食材

  • 牡蠣(カキ)
  • 赤身肉
  • 煮干し
  • カニ
  • レバー
  • ウナギ
  • 高野豆腐
  • チーズ
  • カシューナッツ
  • タラコ
  • アルファルファ
  • ホタテ
  • アーモンド
  • さんま
  • 鳥のささみ
免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ