サポニン:大豆/高麗人参

コレステロール値を下げたり、動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制したりする働きがあると言われている「サポニン」。その効果やサポニンが含まれる食品をまとめました。

健康維持の万能成分!サポニンのすごい効能!

サポニンは大豆や高麗人参に含まれ成分。

「基礎代謝や免疫力アップ、疲労回復、血行促進」など健康維持に万能な食材として古くから重宝されてきました。

また、体を温める作用があり、呼吸器系や消化器系の機能を高めたり、血液の量と質を上げたりという作用もあるため、韓国や中国では高麗人参を日常的に使っているそう。

特に、冷え症に悩む女性にはとてもありがたい成分です。

サポニンの主な健康効果

  • 肥満の予防
  • コレステロール値を下げる
  • 免疫力アップ
  • 疲労回復
  • 肝機能を高める
  • 咳や痰を抑制

サポニンは、植物の根、葉、茎などに含まれている配糖体の一種で苦みやエグみのもととなる成分。

サポニンにはいくつか種類があり、植物ごとに含まれる種類が異なります。代表的なものは、大豆と高麗人参

昔から漢方薬などにはサポニンを含む生薬が使われることが多く、現在もサポニンの効果や効能については研究が進められています。

サポニンは、植物の種類によって安全性が異なるため注意が必要。

大豆や高麗人参に含まれているサポニンは安全性が高く、大豆サポニンは1日に100mgが摂取目安ですが、生薬として使われる桔梗や柴胡などに含まれるサポニンは摂りすぎると赤血球の膜が溶けて吐血を起こす恐れがあるため、用法・用量を守って摂取しましょう。

サポニンが含まれる食材・サプリメントは?

大豆 イラストサポニンは、大豆や人参、桔梗などに多く含まれていて水とあぶらの両方に溶ける性質を持っています。

食品からも摂取できますが、より効率的に摂取するならサプリメントや漢方などを活用するのもおすすめ。

匂いや味が気になる方も多いですが、カプセルやタブレット状のものもあるので気にせず飲むことができますよ。

ほかにも、最近は韓国食材を扱うお店などでハチミツとブレンドされた人参茶なども販売されているようです。

サポニンを多く含む食材

  • 高麗人参
  • 大豆
  • 黒豆
  • ヘチマ
免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ