冷え性が免疫力低下の原因に

冷え性は免疫力低下の原因になる?

人間の一般的な平熱は36.5度前後で、身体の各機能はこの体温の状態でもっともよく働くようにできています。体内のさまざまな生命活動(食物の分解・栄養素の生成・解毒など)に関与する「酵素」も、36.5度前後で働きがもっとも活発化するのが特徴です。

しかし、体温がそれよりも低くなってしまうと、身体全体の働きが低下。免疫力や新陳代謝もダウンして、さまざまなトラブルが起き始めるのです。ちなみに、体温が1度下がると免疫力は30%も低下すると言われています。

免疫力がダウンすると病気にかかりやすくなりますし、代謝がダウンすると体温維持に必要なエネルギー生成もうまくいかなくなります。すると、さらなる冷えを招くこととなってしまうのです。冷えは身体から発せられるSOSサインと受け止め、早めに対処していくことが大切です。

冷え性とは

冷え性とは、身体のほかの部分は温まっているのに、手・足・腰・腹部など、特定の部分だけが冷えている状態・体質のこと。とくに女性に多く見られる症状で、成人女性の約半分が冷え性の悩みを抱えていると言われています。

冷え性自体は病気ではありませんが、冷えが原因となってさまざまなトラブルを引き起こすことがあります。よく見られるのが、肩こり・腰痛・むくみ・肌荒れ・不眠・倦怠感・便秘といった症状。また、貧血・卵巣機能不全・リウマチなどの症状を悪化させることもあるため注意が必要です。

知っておきたい予防法

冷え性は体質だからとあきらめず、日々の生活の中で改善していくことが重要。免疫力アップのためにも、体温上昇は欠かせない要素です。

  • 栄養バランスのとれた食事を心がける
    身体の内側からの冷え性対策には、食生活の改善が必須。食物は体内に摂取されると約10%が熱エネルギーへと変換され、体温を上昇させてくれるからです。食事の内容は身体を温める食材・栄養素を集中的にとるのではなく、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することが重要。偏食や食事制限のダイエットは冷え性の原因となるため、注意するようにしてください。
  • 半身浴で身体を温める
    身体の外側からの冷え性対策には、半身浴が効果的。38~40℃のぬるま湯におへそのあたりまで浸かり、20分以上かけてゆっくりと身体を芯まで温めましょう。熱いお湯やシャワーで表面だけ温めてもすぐに冷めてしまうので、冷え性対策としてはNGです。
  • 3つの「首」を中心に温める
    冷えを防ぐには、首・手首・足首といった3つの首を温めることが大切です。この3つの部分は皮膚が薄く、近くに太い血管が通っているのが特徴。ここを外から温めるとその下に熱が伝わりやすく、効率よく冷えを予防・改善することができるのです。適度に動かしても血流改善・体温上昇効果が見込めるので、首・手首・足首のストレッチをこまめにする習慣もつけましょう。
免疫マン

私たちの健康が維持できるのは免疫が一所懸命働いてくれているから。このサイトでは、免疫力をアップするための情報を集めています。

お手軽に免疫力アップ!話題のスーパーフードとは?

 
【健康を保つ秘訣】免疫力強化のススメ